Process

建築や住宅をつくる時には、いろいろな選択肢があります。
我々、設計事務所は「建築を創る」ために独立した立場にいて、あらゆる可能性から相応しい空間を提案しようと考えてます。

建主の要望、法律、環境や景観 、安全性などを総合的に考え、特定の施工業者やメーカーなどの支配下に入ることなく、第3者的な立場からの提案をし、その土地に相応しい、住まい手にふさわしいものを考えを進めて行きます。
もちろん設計していく段階で建主に対して様々な課題を与える事もありますし、議論することも多々あります。

それらは絶対的な答えが存在する場合は少なく、設計者の個性に大きく左右されるものです。何事も考え方しだいで、いろいろな解法を考えることが出来るのです。だからといって、必ずしも設計事務所に依頼することが、絶対に良い選択であるとは思っていません。ハウスメーカーや建売住宅の建物は、多くの調査や実験、開発を重ね、一般的な生活様式に合った製品を生み出しています。

しかしそれを追求するあまり「フリープラン」「自由設計」と言っても、自由になるのは「間取り」だけです。建築の設計は間取りだけではありません。設計業務は、デザイン・構造・材料など多種多様な要素で成り立ってます。 家を建てるということは、人生の中で最も高額な買い物ではないでしょうか。

色々考え、どんな方法で家を建てるか真剣に悩むべきです。
お互いに信頼し、尊重し合える設計者を見つけることが重要です。

設計のプロセス

設計事務所の仕事は図面を描くだけではありません。
設計者と出会い、契約から建物が完成するまでの全体の流れを見ていきます。

設計事務所を探す・依頼する  |  相談・調査  |  設計業務  |  申請業務  |  管理業務  |  竣工

設計事務所を探す・依頼する

建築士は、一級建築士、二級建築士、木造建築士に分かれ、規模や構造により設計できる範囲が定められています。
設計を業とする場合必ず都道府県の設計事務所登録が必要です。
建築設計事務所は「意匠事務所」「構造事務所」「設備事務所」などの専門業務に分かれています。
一般的に依頼するときは意匠事務所に依頼します。
(斉藤建築設計室は建築意匠設計事務所です。)

では、どうやって設計事務所を探すのか??
HPで情報収集してメールや電話で問い合わせてみるのも良いと思います。
現在は多くの設計事務所受注の大半はHPよりも、紹介やクチコミ、雑誌の掲載などですが、最近では様々な設計事務所を紹介しているHPもありますので、これからはHPでの受注も増えつつあります。
問い合わせると断れなくなることは無いので、いろんな設計事務所とじっくり話すべきです。

相談・調査

[無料相談]

住宅を始め各種建物の新築・リフォームの相談をします。
まずは今まで考えていたイメージや予算などをお互いじっくりと話し合っていきます。実際どのように建物を建てていくか、契約の方法などの説明、アドバイスをしていきます。
その後、現場を調査します。敷地の形状、面積、リフォームであれば既存の建物を調査します。また行政機関に出向いて法的規制のチェックを行います。

設計業務

設計業務は大きく3つの段階に分けられます。

1.「基本計画」

[企画提案.5~10万(交通費別途)]

その敷地にどのような建物を建設することが可能か?要望や価値観などを話し合った上で、法規や周辺の環境から計画の方針等を模索し、ご提案していきます。予算や敷地を取り巻く法的規制から分析される建物の大きさ等の数値の提示の段階です。

2.「基本設計」

[設計契約]

建築主の意向に添った建物を試行錯誤を経ながら設計していきます。
具体的に図面やパース、模型を提示しながら何度も打ち合わせを重ね進めていきます。図面の内容としては、配置図、平面図、立面図、断面図など、建物の形状が判る図面を作成していきます。
この段階が全体の中で最も重要です。

3.「実施設計」

基本設計が終了すると、それに基づいて実際に見積、工事ができる図面を作成していきます。
内装の仕上げや壁の下地の材料など細かい部分まで書き込んだ図面や、構造図、設備図、を描いていきます。だいたい図面枚数は30枚以上にはなります。
この段階では通常建築主にはカラーや設備のご決定をして頂く程度で、後は報告になります。

申請業務

見積と平行して行政機関への「建築確認申請」を行います。
地域や規模でも異なりますが、一ヶ月程度とお考え下さい。
直接行政機関に納める申請手数料は建築主から納めて頂きますが、申請業務に関する当方の経費は設計料に含まれてます。(直接建築とは関係しない場合は除く)

管理業務

1.見積関係

実施図面が完成したら実施図面をもとに施工業者に見積を依頼します。
提出された見積書をチェックし工事を請け負わせるのに相応しい施工業者を決定します。その上で施主と施工業者で工事請負契約をしますが、その際は設計事務所が立会いします。

2.現場関係

工事が始まります。
設計者は図面どおり正しく施工されているか定期的に現場で確認します。

詳しくは設計業務と監理業務を御覧ください。

竣工

施工業者から施主への引渡しに立会います。
その後、購入される家具などについて、インテリアショップを紹介するなどコーディネートします。

以上、おおまかな流れです。
ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。

> お申し込みはこちらから