プラザ新大阪エントランス改修工事

大阪市淀川区 RC造11階建て  マンション エントランス リフォーム

[ concept ]

築40年を迎えるマンションのエントランスを自動ドアの設置工事に伴い、資産価値を上げる為に改修工事した。
外壁と同じ吹付けの壁は白でまとまっているが、どこか古いイメージだったのに対し高級感を出す為に柱や梁
など凸の部分を濃茶の板調にすることで空間の単調さを解消した。 また、メインホールから住戸へ分かれる通路
の入り口には黒皮鉄で製作したオリジナルのゲートを使用している。壁材の見切りとしての役割と共に、
マンションの顔となるエントランスを華やかに見せる演出にも一役担っている。